レーザー脱毛とは

レーザー脱毛は、美容クリニックなどで行われているムダ毛の処理方法です。特に「永久脱毛」をうたっている美容クリニックなどではこのレーザー脱毛を施術方法にしている場合が多いようです。レーザー脱毛と聞くと光線やビームをあてて毛を刈り取るように思えますが、実際にはどのようなしくみで脱毛を行うのでしょうか。
レーザー脱毛が始まったのは、美容の本家アメリカです。アメリカのFDA(食品医薬品局 (Food and Drug Administration))公認の医療脱毛方式であり、技術的にはかなり安全性が認められているものとして、現在日本以外の多くの国でも施術が取り入れられています。もともとレーザー脱毛はレーザーの照射によってあざやほくろを除去するために行われていた方法を、脱毛に応用したものです。
レーザー脱毛では、レーザーをとりたいと思うムダ毛の部分にあて、根毛を熱破壊して行います。ですが、このときの熱照射は半永久的に根毛の働きを殺すものではなく、完全に脱毛を完成させるにはある程度の周期をおきつつ5~6回の照射が必要とされています。
レーザー脱毛のうち、照射量が高いものを医療レーザー脱毛と呼んでおり、これは専門の資格のある医師でしか行なってはいけないと規制されています。またレーザー脱毛はその人の毛根の強さや毛の性質のよって効果にばらつきが生じることがあります。まずは一度診断を受け、適した脱毛方法を提案してもらいましょう。