美肌のためのニキビ予防

ニキビ治療のためには、まず洗顔方法の見直しから始まり、次に生活スタイルや食生活内容を根本から改善するようにします。ですが、体質によってはニキビが治りにくく洗顔や生活改善だけでは充分に体質を整えることができない場合もあります。そんなときには、東洋医学にある漢方薬などを合わせて服用してみることもおすすめです。
ニキビ治療に効果があると言われている漢方薬の代表的なものとしては「当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)」「桂枝茯苓丸加ヨク苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)」「清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)」などがあります。これらは主にホルモンバランスを整えるのに役立ち、あるいは血液の内容をよくしてくれる働きがあります。さらに、炎症をおさえてくれるのでニキビ治療だけでなく肌全体がきれいになります。
ニキビは同じように見えてもいくつか種類が違います。白・赤・黄色・紫など見た目の色が既に違います。漢方薬をニキビ治療に使う場合には、これらのニキビの種類に合わせて漢方の配合内容を変えてゆくことも大切です。女性の場合は生理が重い場合に出やすいなどといった体質的な影響もあるので、漢方薬の中でも生理痛に効果があるものを使用するとニキビ治療に役立つ場合もよくあります。
また、同じく東洋医学の利用としてツボおしも良い方法です。ただしニキビに効くツボは原因によって効くツボの場所が変わってくるので、一度専門家などに聞いてみてください。